読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪 漫 書 簡

昼寝とロックンロール

憧れの人・Dragon Ash

僕には、定期的に「ハマる人」がでてくる。

ちょっと前は、俳優の新井浩文。このブログでも何度か溢れんばかりの愛を書いてきました。この人は今もハマってて、同じ動画を14回くらい見ました。

hirotosaito.hateblo.jp

 

何の前ぶれもなくハマる人がふっと現れるんですけど、今はDragon AshのKJにハマってる。

もともと音楽は好きなほうですけど、めちゃくちゃ音楽に詳しいわけではなく、チャラチャラと好きな音楽をつまみながら今まで過ごしてきた。

KJのことを知ったのは高校時代。

友達にDragonAshの「Grateful days」を聞かせてもらったとき。やっぱりこの曲は誰がどう聴いても最高なもので、すぐにDragonAshのことを好きになった。

当時はそんな感じで好きにはなったんですけど、1年くらいはずーっと「Grateful days」ばっかり聴いてるだけの状態で、DragonAshに「ハマる」とまでは言えなかったですね。

 

でも、最近はいろいろなことがあって、たくさんの音楽を聴く機会が増えた。いろんな音楽を聴いてみた中で、やっぱこれだわ。。。ってなったのがDragon Ash。そして、その中でもKJの生き方、ビジュアル、言葉の選び方や重みなど、彼の全てに惹かれたんですよね。俺もこんな生き方できたらかっけええなあって、さすがに思いましたよね。

 

「俺たちにとっては、1番かっこいい職業(ロックバンド)だからね

 

なんて言葉を聞いた時は、カリスマって言葉が頭に浮かんだ。

 

 

こんな、ウルトラにわか音楽好きに、メロディーの良し悪しとか、そんな評論めいたことは一切わからない。「こいつまじで音楽の才能あるわあ」とか言ってみてえけど言えない。

 

そんなヤツにとって魅力的に映るのはやっぱり歌詞。

DAの歌詞は、ファンの人なら誰でもわかるでしょうけど、作詞してる時のKJの姿がまず頭に浮かぶんですよね。一言一句、集中して神経研ぎ澄ませながら書いてるのがわかる。まじでわかる。

それと、かっこいい歌詞って、空想の世界のように感じるものが多いんですけど、DAの曲はそうじゃない。言葉自体がかっこよくて、どこか自分とは遠い存在のように感じるんですけど、歌詞から浮かんでくるイメージ自分との距離がめちゃ近いなあって感じるものが多い。

だから、こんなに歌詞に共感できる人たちが多いんでしょうね。かっこよさと距離感のバランスが最高、と言いますか。(笑)

 

「繋がりSUNSET」の歌詞なんか、ほんと最高ですよ。

さすが、半年もかけて作った曲は違うなあってことをビンビンと感じる。

 

週末に会って肩組み話したり、「来週もな」って酒酌み交わしたり

こんな短い変哲もないフレーズですけど、やっぱシビれる人にはシビれるものだと思う。

 

youtu.be

(PVに新井浩文が出てるという奇跡)

 

4月後半の名古屋ライブ、行ってきます。

 

 

 

_______________________

「俺たちにとっては、1番かっこいい職業(ロックバンド)だからね

引用元:

www.youtube.com