読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪 漫 書 簡

昼寝とロックンロール

これからもInstagramを更新していきたい

タイトル通り、これからもInstagramを更新していきたい。

 

内容は何でもよくて、イベントがあったときとか、誰かと飯を食べたときとか、帰り道にちょっと面白いことがあったときには、必ずiPhoneのカメラを起動してシャッターを押し、Instagramに投稿していきたい。

 

理由はいくつかあるんですけど、やっぱり「アルバム」としていいアプリが今のところインスタが一番良いからに尽きる。

 

ツイッターに投稿してそれをどんどん溜めていくってのも全然アリなんですけど、やっぱりそこは「形」にこだわりたいんすよね。インスタだと当然写真メインになるから、格好が良い。

 

そして、溜まった写真を暇なときにダラダラと見返すことがけっこう自分は好きでして。

あとは、消したかったらすぐに消せるっていうのも普通の紙のアルバムより優れたところ。

フラれた彼女の写真は7分くらいで全て削除できます。

最高です。

 f:id:hirotosaito0122:20160401013953p:image

(ぼくのInstagram)

あとは、歳をとった時に覚えてなくても別にいいような「どうでもいい写真」さえ必ず見れる。インスタで写真を失くすことは、Instagramという会社がなくならない限り起こらないので、やっぱり便利。

 歳とってから19歳の頃のなんの変哲もないことを見返せるって、たぶん良いと思いますよ。

 

そして、自分のアカウントに少しずつ写真がたまっていくあの感覚がなんか、良いんですよ。良くないっすか?

僕は好きです。

 

 これからも自分の毎日を更新していくような感じで、Instagramをゆるりと更新していきたい。

毎日を更新していく感覚ってクソかっこよくないですか。みんなでインスタ使って更新しませんか。

 

www.instagram.com