読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪 漫 書 簡

昼寝とロックンロール

ブログのテーマで悩んだら絶対読んでほしい記事1選

『隠居系男子』の鳥井さんが書いてた内容にハッとしたからメモ。

 

inkyodanshi21.com

 

自分がブログを始めたのは確か2015年の夏くらいで、各駅停車バリのゆるさで今まで更新してきた。

元からブログで稼いでやろうみたいなことは思ってなくて、元をたどれば編集者の佐藤慶一さんに影響をうけ、「オレも文字書きたい!」って思ったことがしょっぱなの動機。

 

いま思うと「文字書きたい」ってどんだけ変態だよって言いたくなるけど、まあそれはそれで良いと思ってました。

でも、文字書きたい欲だけだと「ブログ」という形にするほどのやる気が起きなかった。これが「各駅停車」の理由。

 

そんで、インターン先の先輩に「ブログのテーマを決めてそれで書くべきだよ、うん。だって最初からお前に(ネット上で)興味あるやつなんてこの世にいないんだから。」みたいな殺気溢れるアドバイスをいただいて、テーマをざっと2ヶ月くらい考えてました。それで、かっこよくテーマが見つかると良かったんですけど、結局見つからず。

しまいには「ブログなんて別にやらなくてもいいしな」と、半ば投げやりになった時もあったくらい。

 

それでもなんとなく「なにかをインターネットで書きたいんだ俺は~!!」みたいな気持ちもあって捨てきれなかったんですよね。

 

こんな感じでさまよってたんですけど、以下の鳥井さんの一文でモヤモヤがなくなった。

 

まずは個人の色を徹底的に出したメディアをつくること。その際に一番重要な事は、挫折せずに「書き続ける」こと。

その上である程度認知してもらえるようになったら、自然と確立してくる「自分が本当に興味関心のあるテーマ」に対して、更に深堀りしたメディアを立ち上げていくのです。

 

自分が本当に何をやりたいのか、何を追求したいのか、何を表現している時に一番楽しいと感じるのか、それを個人のブログを運営していく中で明確にしていく。

 

これって、たんなるブログ論の枠を飛び越え、迷える老若男女たちにとっても、ものすんごい名言だなと思っちゃいました。

メディアを立ち上げるとかその辺の話を一旦置いといてですね、自分が何をやりたいのか?ということを探すためにブログはおすすめですよってことですよねこれ。

 

マジで響いた。

 

最近、やっと書くモチベーションが安定してきたところだったんですけど、このへんの話はこれでようやく収束しそう。

 

 

hirotosaito.hateblo.jp

 

 

これからの時代がどうなるとか、そんな大きなことは自分にはまだよく分からないけど、「自分だけが納得できる内容」でも、インターネットに発信してもいいんだよと背中を押された気分だ。

 

そんなかんじです

 

ではまた~