読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪 漫 書 簡

昼寝とロックンロール

僕が好きな「お金の使い方」

僕の好きな「お金の使い方」って、やっぱりいい思い出だったから額は気にせず財布に入ってる分は出しちゃうとか、今日はちょっと多めにだすから一緒にメシ行こうぜとか、そういうやつです。
例えば、メシの場合だったら「メシ」にお金を払うんじゃなくて、「楽しかった!ありがと」っていうその「感謝を伝えるための手段」としてお金を払うと言うのでしょうか。
人付き合いがうまくいってる人に、そういうひとは多いような気もします。ましてや、「大学生」という明日のメシをどうやって食べるか?ってことを考えないといけない状況で、そういうことがサラッとできる奴はやっぱり好きになっちゃいますよね。
そういう人は信用できるし、やっぱり自分からもっとなにかを与えたくなるので、お互いハッピーです。
ただ思ったことをつらつらと書いただけですが、こういう人におれもなりてぇなあと思った次第です。

そんなかんじです。