読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪 漫 書 簡

昼寝とロックンロール

40歳になって「たくさんアホなことしたなあ」と振り返られるようになりたい

考えたこと/Think
このブログで何度も登場している「隠居系男子」鳥井さんが『20代で果敢にチャレンジするために「青くさいこと・泥くさいこと・はんかくさいこと」を大事にしたい。』というエントリを書いていました。
20代で果敢にチャレンジするために「青くさいこと・泥くさいこと・はんかくさいこと」を大事にしたい。 | 隠居系男子

「20代」というキーワードに敏感な今の自分に、「青臭いこと」と「はんかくさいこと」に響いたことがあったので、今回はただ思ったことを書き残してみたいと思います。

青臭いこと

「青臭いこと」とは、鳥井さん曰く、夢や理想を持ち続けることです。
これって、行動力の源なので常にしていきたいこと。いまの自分にとって「青臭いこと」はブログかもしれません。友達に「ブログ読んだぞ〜」と言われただけで恥ずかしくなる内容がズラッと並ぶこのブログですが、こういう内容を書けるのも20代の間だけなのかなあと思いました。
ただでさえ、なにか理想や夢を語ると、周りから「意識高い系」などと揶揄されることが多い今ですが、それに共感してくれる人も少なからずいるはずで。確かに「こんなこと言ってる自分ダサいなあ」と思う時もありますが、それに共感してくれる人と、青臭いことが書ける自分を大切にしていきたいなあと思います。

はんかくさいこと

これについては、千原ジュニアも鳥井さんと同じようなことを言ってて「歳をとって振り返ったときに、どれだけ『アホやなぁ』と思えることをしたか、って大事やと思うんすよ」と。これを1年ほど前に何かの番組で聞いた時、めちゃくちゃ腑に落ちたのを今でも覚えてます。
「アホなこと」って色んなことがあります。僕にとっての「アホなこと」は、迷惑をかけない範囲で、恥を気にせず、周りの目を無視してやりたいことをやることです。アホなことでもふりかえってみたら良かったよな、みたいなことが多ければ単純に楽しいし、千原ジュニアかっけええなあと憧れます。ジュニアみたいに、40歳になってそういう言葉が言えるようにならんといかんなと思いました。

最後に

なにかをするにあたって、これは呆れられるんじゃねえか?恥ずかしいことなんじゃねぇか?と不安になったら、鳥井さんのこのエントリを思い出せばやれちゃいそうな気がする20代は、おそらく僕だけじゃないでしょう。ちょうど昨日、「はんかくさいこと」を友達と計画したところで、それが今から楽しみです。

追伸:おれも早く鳥井さんみたいなエントリ書けるようになりてぇなあ