読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪 漫 書 簡

昼寝とロックンロール

会話で「自分は関係ない」って思っちゃうヤツに言いたいこと

自分は自他共に認めるマイペースな性格で、ひとりの時間が昔からそんなに嫌いではない人間。

でも、そのマイペースな性格はいいことばかりではないんですよね。

人の話を聞いてるときに、自分には興味のない話だったら「ああ興味ないんですよねえ、それ。」と言っちゃうこともありました。

でも、これってけっこうマズいんじゃね?って最近気付けた。今日はそんな感じの話。

 

 

なんでマズいのか・・・?

これは普通に考えて、会話が続かないから。

そして、「会話が続かない」だけで終わればいいんですけど、会話が続かないってことはそのまま孤立につながっちゃうのでちょっと手強い。いますよね、こういうやつ。反抗期の青年とかにいそうですよね。いや、でも僕は別に悪気があって会話を切り捨ててるわけではなくて。ただ、正直にその類の話はちょっとわからないのですいませんって感じなんです。

 

マイペースな性格自体はいいと思ってるんですけど、この類の(自己中心的なマイペース)は、やっぱり普通にイケてない。そのうち、空気が読めないイタいやつとして、周りから切り捨てられると思うんすよね。

 

例えば、ちょっと大人数で集まった時に、誰かがパズドラの話をしだして「俺は興味ないから一人で飲んでますね。」みたいな感じはどう考えても頭おかしい。でも、今までの僕はそんな感じだった。やばい。さよなら人材真っしぐら。そんな結末が容易に想像できます。

 

これからは興味のない話が出てきても、意識して「それってどういうこと???」みたいに面倒くさがらずに突っ込んでいきたい。

そんで、それにまつわるオススメの書籍とかを紹介されたらすぐに買って読んでみるみたいなことを、ちゃんとしていきたい。

ちょっと意識すればできる簡単なことなんで、これくらいはササっと超えていくわよ

 

ではでは~